top_logo05
Macでホームページ製作 その2

htmlを作り上げるには、テキストエディターが必要でして、パソコンにあるメモ帳みたいなモノでも作り上げることは出来ますが、ある程度効率よくやれれば、それにこした事はありません。その中でも何個か候補を挙げ、調べに調べてcodaというソフトを購入することにしました。画面2ペインで編集できるソフトは、それなりにありましたが、html編集、css編集、ブラウザで確認という作業が続くには、それが一括で作業確認が出来ればいいなと思ったからです。後は、自分の今までのやり方を変えて行き、慣れていく必要があるので、そこそこの値段がするcodaは、崖っぷちの私にはぴったりだと思いました。

2016012501

最初のうちはとても苦労しました。htmlは、だ〜と打ち込んでいけば、それなりになりましたが、CSSは、辛く、ナビゲーションもうまくいかず、つまずいては調べ・・・を続け、どうにかindex.htmlを作り上げることが出来ました。1ヶ月ほど悪戦苦闘していましたが、それなりにhtmlとCSSを理解して(多分)、各セクションのトップページを作ることが出来るようになりました。

codaを使って良かったのは、最大画面4分割編集が出来、html、cssとプレビュー画面を表示することが出来、確認しながらの作業がとても楽でした。これになれてしまうと他のエディタは考えられなくなり、つくづく購入して良かったと思いました。しかし、ファイル名の変更、移動、リンクの修正などは手動(検索一括置換で可能ですが)、結構大変です。なので、それらを出来るだけしないように最初のうちに考えておく必要があります。

2016012502

また、スマホなどに対応できるようレスポンシブでリキッドなレイアウトにするために各セクションのトップページ用に三つのcss(PC,タブレット、スマホ用)とそれぞれ更新用ページのcssを全部作るとなると30ほどのcssを作る必要があり、12月初旬からずっと作業しておりました。まあ、プロから見れば、しょぼいモノですが、ブラウザを縮めたり、広げたりするとそれに対応できる様は、作った甲斐があったと感動してしまいました(笑)。もちろんスマホも縦横それぞれに対応できます。