top_logo05
駅のジオラマ Vol.1
stadio001.jpg stadio002.jpg

毎年今頃は潜水艦を作っているのが、Ma.Kを製作したりといつもと変わったことを楽しんでいます。そして今回からは、AFVを作る前にやってみようと思ったのは、駅のジオラマです。JR北海道各駅を巡っているのでいつかは作ってみたいと思っていたので、まずはどんな風になるか楽しみです。

余っている飾り台に線路を一本置き、ホームと木々で構成しようと思います。いきなり自作とかは大変なので、今回は駅、樹木などは既製品をそのまま使おうと思います。

おおよそこんな風になるだろうと木やホームを置いて基本的なレイアウトを決めます。

stadio003.jpg

今まで色々模型を作ってきてジオラマだけは、何かと避けてきましたが、いつかは通らなければならない道(笑)と、この頃考えるようになり手始めに駅のジオラマと思いはじめてみました。

色々なアイデアは出るのですが、それを具体的にする技術が無いので企画倒れになりそうですが、頑張ってみたいと思います。土地基礎部分を作った後に、おおまかな土地を盛っていきます。

stadio004.jpg stadio005.jpg

土地基礎部分を作った後に、おおまかな土地を盛っていきます。ミラコンを練るのが面倒だったので、いつ買ったのか忘れてしまったくらい昔のアーティスタフォルモがあったのでそれを使いました。未開封でしたが、ぱっさぱさな感じで水を含ませて練っても固く薄くのばすのに結構苦労しました。

踏切部分にはエバーグリーンの板を使い、木目を適当にけがいた物を粘土が乾かないうちに押しつけました。また道路部分は、未舗装ですが、轍をNゲージサイズに車に合わせて大まかに彫っておきます。その後絶対ひび割れてくるので、しばらく乾燥させます。

stadio009.jpg stadio006.jpg

乾燥させている間に樹木類を作っていきます。まずは手始めに簡単な物をと、札幌のトイメイツで見繕って買ってきました。トイメイツや文教堂ホビーに行くと、いつの間にやら手に品を取りレジに向かう

針葉樹や、広葉樹は難しそうなので、竹ならと思って買ってきましたが・・・。いまいちイメージがわかずかなり苦労しています。中には竹とフォーリッジが入っていてセンス良くフォーリッジを付けていくのですが・・・

stadio007.jpg stadio008.jpg

貧乏性の自分は最初けちけちフォーリッジを付けていたら、しょぼい竹になってしまったので、木工用ボンドを多めに塗りたくり大胆にフォーリッジを付けていきました。それでも箱絵のようには行かず、しょぼい木のようになってしまいましたが、雰囲気は出てるはず・・

キットには36本入っているのですが、1本作るのに結構時間がかかり、20本くらい作ればいいかなと、ちまちま作っています。この後に針葉樹を作るのですが、木の製作だけでかなり時間がかかります。これを1/35のダイオラマでやろうとすると1つ戦車ができるくらいの時間がかかりそうで怖いです。

まあ、慣れてきますと1本だいたい15分くらいで作れるようになってきたのである程度作り、格好の良い物をチョイスして土台に取り付けていこうと思います。竹が12本完成したので、次は駅の裏手に植える予定の樹木の作成にかかります。