top_logo05
駅のジオラマ Vol.3
stadio020.jpg stadio021.jpg

地面の処理が終わったところで雑草類を植えていきます。雑草はNゲージサイズに合わせて植えていきますが、あまり欲張るとジャングルのようになってしまうので適度に施します。

フォーリッジを細かくちぎったものと背の高いものはフィールドグラスを適当な高さに合わせて植えていきます。穴をあけて植えた後に適度にほぐしておくのも忘れないようにしてランダム感を出しておきました。

また砂利より大きい石はクラッシャブルストーンを適当な大きさのものを見繕って木工用ボンドで固定していきました。

stadio022.jpg stadio023.jpg

轍の上の雑草はフォーリッジを使いました。Nゲージサイズのフィギュアを時々立てて高さを見ながら植えていきます。植えた雑草の木工用ボンドが乾燥したら、さらにフィールドグラスが低くなるようにカットしていきます。これで大方の作業は終了して次は樹木類を植える準備をします。

stadio024.jpg stadio025.jpg

ほぼ最後に木を植えていきます。最初はがっちり接着しようと思い、黄色のG17ボンドを使ってみました。

ところが時間がたつと大きい樹木が、マイケルジャクソンがSmooth Criminalで見せたあの傾くダンスのようになってしまい、これは、フォーリッジを盛りすぎて重くなったのかと思い、面倒ですが、前部外して確認してみると付け根の部分が溶けて柔らかくなってしまいました。

stadio026.jpg

軟質樹脂にはGボンドは向かなかったようです・・。しょうがないので、付け根部分を平らに成形後1ミリ真鍮を軸として今一度取り付け直しました。

まあ、最初からこうしていればよかったので、手抜きをすると後で苦労すると言うことを身をもって体験した次第です。