top_logo05
DragonパンターA型 Vol.5
pic02/panthera067.jpg pic02/panthera069.jpg

インテリアの組み立てが終わってから塗装の準備していきます。サーフェーサーはMr.カラーのMr.オキサイドレッドサーフェーサー1000を使用してみました。いつもは、タミヤやガイアのオキサイドレッドを吹いたりしていますが、Mr.カラーの物がどのような感じになるか試してみたくなり使いました。

ガイアカラーのオキサイドレッドよりは鮮やかな感じで1000とうたってか表面もつるんとした感じになりました。その後、内装の白は、ガイアのインテリア色を塗装しました。床部分はオキサイドそのままのイメージで所々にガイアのオキサイドレッドを吹き付けました。

pic02/panthera068.jpg pic02/panthera070.jpg

後にチッピングを施す部分には、いつものようにシリコーンバリアを塗布しましたので車体の色の分かれ目はマスキングが出来ず、細い紙などで隠しながら吹き付けましたが、予想通りはみ出してしまった部分もありますが、後に筆塗りで細部を塗るので大丈夫だろうと思いました。同様に砲塔部分にもシリコーンバリア塗布後、インテリアカラーを塗装しました。

pic02/panthera071.jpg pic02/panthera072.jpg

砲塔部分の機器は、先に組み込んでいるので機器類をタミヤエナメルで塗り分けていきました。トランスミッションなど車体部分の機器などは、後から取り付けるようにしていますので、同様に塗装していきます。全ての塗装を終えてからチッピングをデザインナイフで全体の調子を見ながら削っていきました。

pic02/panthera073.jpg pic02/panthera074.jpg

チッピングは、いつもやりすぎてしまうので少し控えめにしたつもりですが、やり過ぎてしまった部分もあるので反省です。また、ガイアカラーのオキサイドよりMr.カラーのそれは鮮やかなため少々目立ちすぎるかなと思いました。

これは個人的見解なのでなんとも言えませんが、ガイアカラーの方が、最終的には違和感が無いのかなと思いました。その後はウォッシングなどで彩度が落ちていくはずなので・・・と自分に言い聞かせて作業を続けました。

pic02/panthera075.jpg pic02/panthera076.jpg

大方細部が塗り終わった後にクリアでコートしました。その後AKインタラクティブの塗料を使ってウェザリングを施していきました。

pic02/panthera077.jpg pic02/panthera078.jpg

車体下部のインテリアの塗装が大方済んだ後に、いよいよ搭乗員の製作に入ります。フィギュアの製作の製作は正直言いますと、去年作成したT34の時で恥ずかしい出来でやりたくないのですが、インテリアの中に搭乗員を組み込むのは長年の夢?なのでステップアップの一環としてやってみます。

市販のフィギュアは組み込むには1まわりから二回り大きいので干渉する部分などは思い切って削りました。ただ、操縦手、無線手席は比較的余裕があるのか、脚と腕部分、そして帽子を少々削るくらいでなんとか収まりました。

pic02/panthera079.jpg pic02/panthera080.jpg

ただもう少し時間があって余裕があれば、衣服の削り込みなど追加工作などをチャレンジしてみたかったのですが、この時点でかなり時間が切迫しており次回の作品製作の時の課題となりました・・・。頭、手、胴体を別々に塗装、終了後に組み立てて、それぞれの席に組み込みます。相変わらず酷い出来でアップに出来ません・・・(H26.06.23)