top_logo05
Dragon三号突撃砲初期型Vol.3
stug3g025.JPG stug3g026.JPG

組み立てが終わり塗装をしていきます。いつものようにMr.カラーのオキサイドレッド色のサーフェーサーを吹いた後に、チッピング後の色を考えて、シルバーなども機器別に塗装、乾燥後にシリコンバリアを塗布し、塗装の準備をします。

stug3g027.JPG stug3g028.JPG

車体下部のオキサイドレッド色は、そのままにして壁面は白になりますのでマスキングを施して塗装がかからないようにしますが、まず見えることは無いので、そのままでもよかったのかなと思いました。白い部分は、これまた、いつものガイアのインテリアカラーを使い塗装していきます。

stug3g029.JPG stug3g030.JPG

車内の塗装は、いつも悩みどころで、レストア車輌、操作マニュアルなどの写真から、それらしく塗装していきますが、下部などは結構まちまちなので、その当たりは想像でいいのかなと考えています。突拍子もない塗装をしない限りそれらしく見えるのかなと思いました。もちろん、現物の写真があれば、それを参考に塗装しています。

stug3g031.JPG stug3g033.JPG

車内の細かい塗装は、今回初めて使用するvallejoのモデルカラーで行いました。私は、筆塗りがとにかく下手で、むら無く均一に塗れず下手っぷりを晒している状態でした。特に角などに塗料をうまく載せられず、何度も塗り重ねますが、思うように塗れませんでしたが、今回のvallejoで塗装すると、それなりにうまく塗装することが出来、もっと早くvallejoを使用していればと思いました。

まあ、使いこなすにはまだまだだと思いますが、今後は、vallejoとタミヤエナメルの使い分けで細かい部分の塗装をやっていこうと思っています。個人的に思ったのはvallejoは二度ほど塗装すると、ほぼ下地が隠れてくれました。ただ下地を透けさせるような塗装はエナメルを薄めて使う方がいいのかなと思いますが、この辺はまだ試す点が多いと思いました。

stug3g032.JPG stug3g034.JPG

はみ出た塗料は、乾燥前なら水でいいようですが、エナメル塗料のように取れなかったので、専用薄め液などが必要かもしれません。ただ、この後のピグメントをタミヤアクリルシンナーに混ぜて塗装していたときにシンナーが付いてしまった部分は、溶け出してきたので、クリアコートするなどの保護が必要なのかもしれません。

また、タミヤエナメルのように流れ込んでいく感じがないので、入り組んだ場所は、何度か筆を運ばせないといけません。乾燥後、はみ出た部分は、ナイフでカリカリやると取れるので、ちょっとしたはみ出しは、後からでも削ればいいのかなと思いました。

自分がアクリル塗料でここまで塗装したことがなかったので、当たり前のことなのかもしれませんが、今後は多くなりそうです。

stug3g035.JPG stug3g036.JPG
stug3g037.JPG

基本塗装を終えた後に、シリコンバリアを塗布した部分のチッピングを行い、その後クリアコートし、いつものようにAKインタラクティブの塗料で、汚し塗装などを行いました。

その後パーツをエポキシ接着材で固定していきます。ある程度組み込んだ後に、全体のバランスを考え、再度AKインタラクティブの塗料で汚しなどを進めていきました。全体を見渡し、塗り忘れなど無いかを確認後、インテリアは完成として、いよいよ外側の工作を進めていきます。(2015.03.04)

stug3g038.JPG stug3g039.JPG