top_logo05
Dragon三号突撃砲初期型Vol.5

stug3g056.JPG

stug3g057.JPG

stug3g062.JPG

今年2015年は、引っ越しとパソコンの修理などで予定より大幅に遅れました。製作のスピードが遅いのは、元々なので仕方ありませんが、制作中はできるだけ平穏に過ごしたいと思いました。インテリア付きの車輌は、とにかく時間がかかりますが、諦めず完成まで持って行けた事は、良かったと思います。ここ3年インテリア付きの車輌を作っていますが、人様に見せるには、まだまだな感じですが、それでも比べてみると、それなりに進歩してはいるはずで、また作って見たいと思います。

stug3g061.JPG stug3g063.JPG
pic03/stug3g071.JPG pic03/stug3g072.JPG

車両の塗装に関しても、今までとは違ったやり方で行いましたが、それでも私特有のべたっとした感じがあり、塗装法に関しては、上手な方の作品をよく見て今後の課題にしようと思いました。ピグメントの使い方もまだまだと言った所でしょうか。それでも今までとは違い、ぽろぽろとピグメントが落ちてくるような事はなくなりました。

stug3g064.JPG stug3g065.JPG

雨だれなどは、デカールを貼った後クリアでコートした後のつるつるの表面に書いていきましたが、AKインタラクティブの塗料を使うより、油彩を使った方が自分としては、コントロールしやすく細い線が書けました。それでもAKインタラクティブの絶妙な色合いも捨てがたいので、この辺も次に作る時には考えてやってみようと思いました。2015/07/05