top_logo05
Rabidly Dog Vol.2
r_dog008 r_dog007

一番修正しなければ、ならない箇所は大腿部分で二つのパーツを合わせた箇所が隙間が空いてしまいエポパテで埋めました。モールドもあるので困りましたが、スジボリも復活させる作業をしてみました。BMCタガネとスジボリガイドテープを使い、ゆっくり行います。

このスジボリの作業は北海道AFVの会でプロの実演をちょうど拝見させてもらっていたので、少しずつ削るようにして掘り下げると、とりあえずはうまくいったようでほっとしました。普段のAFVの製作ではあまりやらなかった作業なので良い勉強になりました。

一通りパーツを組み立てた後レジンの細かい穴など(面をヤスるといっぱいでてきました。)もパテで埋めて塗装の準備をします。

r_dog009 r_dog010

まずはタミヤのサーフェーサーを吹いて、その後ブラック&ホワイト塗装の準備をします。去年からずっと練習しているブラック&ホワイト塗装ですが、なかなか上手くいかずつくづくセンスの無さに嘆く毎日です。ですが、前回のシルカを塗装していたときに(塗装も終わりかけの頃・・)一つ思い浮かんだので今回はそれを試すべくやってみることにしました。

先に黒やグレーでグラデーションをつけておいてその後基本塗装を行うのが、この塗装法で誰でも簡単に・・というのがウリというのを鵜呑みにしてしまい、どどっとグレーを吹いていたのですが、やはりそれではだめで、結果全体的にちぐはぐな感じになっていました。

これでは、いかんと日夜考えており、光の当たる箇所とそうでない箇所を日常において色々観察していました(笑)。で今回は、サーフェーサーの部分を一番明るい箇所と設定し、光の当たらない箇所で明るい部分を中間のグレー、一番暗い箇所を暗いグレーに置き換えて塗装しました。

今まで何も考えないで基本塗装をばーっと吹いていた自分には、色合いの暗さにびびってしまいますが、思い切ってグレーを吹いて行きました(それでもびびっています)。塗装する際も十分に薄くしておいた塗料をゆっくり吹いていきました。ある程度吹いた後は蛍光灯などに当ててチェックしていきました。おかしいと思ったらすぐ修正も出来るようになりました。

r_dog011 r_dog012

一通りグレーの塗装が終わった後にクリアコートしファレホのウォッシュ塗料でウェザリングを書き込んでいきました。今まで一番良い感じで塗装が出来たと思いましたが、それでも明るい箇所の腕や大腿部分は、一番暗い箇所が甘いなと反省しております。

ブラック&ホワイト塗装を終えてガイアのボトムズカラーで吹いて行きました。この際も塗料はタミヤの調色スティックで1-2配分を4-5ミリリットルのシンナーで薄めたモノを根気よく吹き付けていきました。暗い箇所は、シンナーの量を調節して吹いて行くといい感じになったようです。

r_dog013 r_dog014

ブラック&ホワイト塗装を終えてガイアのボトムズカラーで吹いて行きました。この際も塗料はタミヤの調色スティックで1-2配分を4-5ミリリットルのシンナーで薄めたモノを根気よく吹き付けていきました。暗い箇所は、シンナーの量を調節して吹いて行くといい感じになったようです。

影の箇所で足りない部分は、スモークを吹いて補うようにしました。全ての塗装を終えた後は、油彩を使って退色感を出していきました。この辺りからブラック&ホワイト塗装でのメリハリが生かされる感じになってきて以後進めていくウェザリングが楽しくなっていきます。