top_logo05
Opel Blitz Vol.1
opelblitz017 opelblitz018

乾燥後、クリアコートし、ウェザリングをしていきます。いつものように油彩→コート→チッピング→ウォッシュと順に進めていきます。チッピングはvallejoのブラックブラウンを使い、オレンジラスト、ラストウォッシュ(ダークとライト二種類)で錆びを書き込みました。錆に関してはこのパターンが自分のイメージ通り?になっており私の中のトレンドです。

シャシー下部は、今回は今流行のクレオスウェザリングカラーを数色使いました。下側は、見えない箇所で色々試してウェザリングカラーに慣れるようにしました。同じく発売されているペーストも併用しましたが、ピグメントを使わないでここまでいけるのと入手が楽なので今後使って行くと思いますが、今まで慣れたAKインタラクティブの塗料とは、自分の中では使い勝手が異なるので今後も練習していきたいと思っています。

opelblitz019 opelblitz020

幌は、主にvallejoを使い、フィギュアの陰影を塗装するようにキャンバス色を明るくしていき、ハイライトに盛っていきました。影になる箇所は、ブラック&ホワイト塗装である程度陰影が付いていますが、深みを持たせる?つもりで緑を混ぜて薄く塗り重ねていきました。

シャシー下部は乾燥後AKインタラクティブのオイル色を塗りそれらしくしましたが、完成後は見えないので自己満足です。

opelblitz023
opelblitz024
opelblitz025
opelblitz021 opelblitz022

今回は幌の製作に大変時間がかかってしまい予定をすっかり、オーバーしてしまいました。またシワの付け方はまだまだですので何度か作る必要がありそうです。幌の後部は暫定的に取り外しできるようにし後日荷物などを載せようかと思いますが、その際にはもう一度後ろの部分は作り直そうと思います。

車体の塗装の仕方は、前回のシムカ5と同様のやり方でやりましたが、基本のダークイエローは白っぽくなりすぎてしまいました。しかし、車輌を並べたときの統一感?を目指そうと今のところ努力していますので、同じ工程を踏むように次の製作にもいかしたいと思っています。ゆくゆくは、ジオラマなどで車輌を並べた際にちぐはぐにならないようになれば、万々歳と思いますが…。 H29.01.12

opelblitz026 opelblitz027