top_logo05
ナースホルン その2
nashorn007.jpg nashorn011.jpg

車内通話装置やその他の配線は、アバディーンの写真から参考に再現してみました。左側の下部の配線は鍮線を使ってやってみましたが。。かたくて思うようにいかず、その後はプロホビーのソフトワイヤーを使用。配線を固定する部分は、エッチングパーツのジャンクから細い物を適当に切って、それらしく。。。

装甲部分左側は主に通話装置の接続ボックス21B(アハトゥンクパンツァー第7集参照)の配線で、この辺はドラゴンのキットにモールドされている物を一度削り落としてソフトワイヤーを使用しています。

nashorn009.jpg nashorn006.jpg

右側の装甲部分の前側についているアンテナもアバディーンの写真を参考に。しかし、知ってる写真では、この付近からアンテナが飛び出てる?写真が私の状況では、わかりませんでした。。たいていの写真は右側フェンダーの所からアンテナが伸びています。その辺は、もうどうしようも無いので雰囲気に任せる事に。。ちなみにAFVクラブのナースホルンもアンテナはこの二カ所についているように組み立てるようです。。

通話装置一式の中で車内通話装置(Kasten Pz Nr.24)という切り替え装置みたいなのが、無いと通話装置が成り立たないわけでして。。ドラゴン、AFVともその辺は、再現されていないようでして、色々推測しても、車長がいるあたりがいいのかとか、無線手のあたりかとか、運転手かとか、全くわかりません。まあ、無難な所で車長がいるあたりで。。とか考えると、数日困り果てていました(笑)。

素人なので、ばっちり、その位置がこうでないと。。というような事は無いので、適当に装甲板左側後方のあいてる辺りに。。まあ、この辺も何かあったと思わせる、跡がアバディーンの写真でもありますが。。

実際左後方においても接続ボックス21Bがすぐ後ろにあるので、なんか配線的に無駄なように思います。。。これといった場所が無いので適当に。。そして車内通話装置(KastenPz Nr.24)も適当に、本当に適当に作りました(笑)。いつかこの辺が解明されて新しいキットが出る事を祈りたいです