外房線行川アイランド駅 
 行川アイランド駅は、昔すぐそばに行川アイランドというレジャー施設があったためにできた駅で、現在では、それも閉園してしまい、近辺は、何も無く、そこから離れた所には住宅などがあります。ホーム上にある待合室は、改築されて綺麗な物になっています。駅待合室のベンチもモダンな感じで簡易Suica改札機と乗車駅証明書発行機が設置されている無人駅です。ホームは、山間の狭い所にあるので、山が壁のようになっており、また国道側も山になっているので、景色がいいとはお世辞にも言えません(笑)
 駅から国道128号線へ出るまでは、昔の名残の駅舎、トイレ、コインロッカーなどがありますが、現在は全て閉鎖されて廃墟状態です。利用客もいないだろうと思っていましたが、数名が訪問当時、私と一緒に下車して、安房鴨川方面へ歩いて行ったり、近くにあるバス停からバスに乗ったりしてました。駅前には歩道橋があり、行川アイランドへ行く人で昔は賑わったのでしょうか。。
 
 安房鴨川方面。  千葉方面。