江差線泉沢駅 
 駅前の通りからすぐ国道228号線があり国道沿いに住宅がならんでいます。特筆する点もないくらい海岸ぞいの駅周辺でのお馴染みの光景です。駅前には郵便局があります。
 駅前の通りは途中まで未舗装です。駅前広場はスペースもあり駐車スペースが書かれていなくても十分止められます。駅前の針葉樹の木々が海岸沿いの風景にとてもマッチしておりいい感じでした。
 駅舎はサイディング張りの白い外壁で屋根が緑です。駅舎の構造として真ん中に出入り口がありそこを挟むように待合室部分と事務室部分と大まかに分けて3つの構成の駅がよく見られますが、このタイプの駅舎は、出入り口と待合室、事務室と2区画の構成でコンパクトに収められそうです。土地は十分あるので大きめの駅舎も余裕で建てられそうですが、そこまで必要ないのでしょう。
待合室はログハウスのように板張りで、委託駅のようですが、訪問当日は誰もいませんでした。窓口に沢山賞状が貼ってありました。その他人物、観光地の写真なども飾られており、委託駅らしい雰囲気を醸し出していました。 
ホームに出ると沢山の花がプランターに咲いています。駅舎側のホームは対向式ホームで千鳥配列になっている島式ホームは跨線橋を渡って向かいます。その跨線橋は赤い屋根ですが、パネル張りのシンプルな作りの跨線橋でよく見られるタイプでしょうか。 島式ホームの方は、幅も狭く誘導ブロックの中がとても狭いです。待避線もありました。跨線橋からも海が見えており晴れた日に訪問できて良かったと思いました。
跨線橋から江差方面。 跨線橋から五稜郭方面。 
 江差方面。  五稜郭方面。