江差線桂岡駅 
 山岳地帯を進んで来た江差線は桂岡付近から開けた土地を進むようになり、あたりに住宅なども増えてきます。桂岡駅付近は農耕地も多くのどかな風景が広がっています。駅前付近は住宅などもありますが近隣に山も多く静かな所です。駅前は道道から少し奥に入った所にあり駅前広場も広いですが、民家の土地の一部と言った感じです。駅は空き地にあるような感じです。
 桂岡駅前。
 駅舎はリサイクル駅舎で淡いクリーム色の外壁に黄色のラインが引かれています。出入り口はサッシに変えられております。駅舎がホームの高さに合わせているので土台の上に載せている感じで入口は階段が設置されています。よくあるリサイクル駅舎が、古い駅舎の基礎の部分においてあるのと違い、別に土台があるのが変わっています。待合室内はごく一般的なリサイクル駅舎と同様でベンチ、ゴミ箱などが設置されています。ベンチには絨毯のような長い座布団?が敷かれています。
ホームは対向式ホーム1本です。ホーム幅も狭い小さなホームがあります。また貨物側線跡が残っており、往年を忍ばせます。線路も残っておりますが、芝生に埋もれているような感じがせつなさを感じさせます。この線路は五稜郭方面側に伸びています。

線路沿いに住宅があり、住宅の裏に線路がある感じで生活感がなんとなくあります。住宅が結構多いですが、静かな所でした。
 江差方面。  五稜郭方面。