江差線久根別駅 
国道228号線からは少し離れた所にあり、まだまだ住宅がひしめいている函館市内の駅です。国道沿いに店舗などが建ち並ぶほか、駅前通りやその周辺にも商店などが建ち並びなかなか賑やかな所にあります。駅前付近の商店は昔からあるようで古い建物ですが、どこか懐かしい感じがします。 線路を挟んで山側の方は分譲住宅地のような感じで沢山住宅が並んでいます。
 駅前広場は、狭い土地ながらも駐車スペース、駐輪場があり、迎えで待っている車も停車できるようです。連絡通路を渡っていける反対側の出入り口にも駐輪場があります。
 駅舎は古い建物で道路側の屋根は錆が強烈に浮き出ていて保守がされていないような感じですが、ホーム側は塗装がちゃんとされています。駅前の出入り口の所には飲料水の自動販売機や電話ボックス、郵便ポストが設置されており、入口の階段には花が植えられていました。
待合室内は広々としています。隅などにベンチが置かれています。かつて窓口があった部分の荷物預かりの所の窓は残っていますが、それ以外は塞がれていました。改札柵が残っており、ホームまでは階段を上り跨線橋を渡っていきます。

跨線橋は線路を横断する連絡橋と繋がっており連絡橋からも直接ホームへ迎えるようになっています。
ホームは対向式ホームと島式ホーム1本ずつあり、ホーム幅はかなり狭いです。誘導ブロックの中のスペースがとても狭く感じます。貨物列車や特急列車が高速で通過するのでその際は、少々怖かったです(笑)。 
 跨線橋より江差方面。 跨線橋より五稜郭方面。 
 江差方面。  五稜郭方面。