江差線宮越駅 
 湯ノ岱からは山間を進んで行き宮越に到着します。沿線を流れる川は天野川で湯ノ岱宮越間に架空の天ノ川駅というのがありちょっとした名物になっているようです。駅周辺は森に囲まれた静かな所で時折聞こえる車の走行音と川の流れの音くらいでしょうか。
 駅前には商店などもなくすぐ目の前に天ノ川を横切る橋がありその先を進むと小さな集落がありました。宮越駅はそのために作られたのでしょうか。
 駅舎は木製の建物で年季の入った板張りですが、大きさはこの手の駅の待合室にしては大きく待合室内は、昔からのベンチが残っているほかは外壁はベニヤ板などで改修しているようでした。ドア窓ともにサッシになっています。
 訪問していった方がおいていったのか・・・セミ三種類。 ホームの前に花壇があります。 
ホームはコンクリート製のホームですがかなり古いようです。ホームへの階段は ホームよりは新しい感じがしますが、それでも崩れている部分もあり年月を伺えます。またホームに誘導ブロックがあったのも山間の駅にしては珍しいなと思いました。まわりは木々に囲まれた素晴らしい環境にある駅です。天ノ川の流れをぼーっと見ながら列車を待ったりするのも、のんびりできていいかもしれません。 
 江差方面。  五稜郭方面。