江差線中須田駅 
 道道5号線とほぼ並行して進んできた江差線は中須田で少々離れて進むようになります。周辺は農耕地とその農家がある閑静な所にあります。高い山がなく、丘陵地帯のような山々が遠くに見えて江差方向にはもうまもなく日本海が見えてきます。
 中須田駅前。駅前は、農家が数軒ありますが、商店などはなく、ごくごく普通の農村といった閑静な所です。駅前は、未舗装の広場があります。駐輪場なども無く、空き地のような広場になっています。
駅舎はリサイクル駅舎でクリーム色の外壁に薄いグレー?と黄色のラインが印象的です。ホームの高さに合わせているので土台の上に駅舎が載せられているのは、となりの桂岡駅の様ですが高さは、中須田駅の方が高いようで入口の階段のステップも多くなっています。

また入口からホームへは直接行けないようになっており待合室内を抜けてホームへ入るようになっているのが変わっています。まあ、ホームへ行くにはホーム横のスロープを上っていけばいいわけで、無理して待合室に入らなくてもいいのでしょうが(笑)。待合室内は、桂岡駅と同様にベンチに薄く長い座布団のようなものが敷かれています。 
 待合室からホームへの入口。 道路から直接来るにはここを通るようになっています。 
 対向式ホームが一本あり行き違いの施設などはありません。ホームには防雪柵?のようなものがありますが、訪問当日は夏なのでそのまま柵だけある感じでした。周辺は農耕地とホーム周辺は雑草が生い茂る感じの静かな所です。
 江差方面。  五稜郭方面。