江差線渡島当別駅 
上磯、茂辺地と進んで来て海岸沿いの複雑な地形に沿ってくねくねと進む江差線で晴れた日は海も綺麗ですばらしいです。渡島当別駅は付近に漁港もあり、小さな漁村の駅といった感じです。駅から北側には有名なトラピスト修道院もあります。 
 駅前の国道は地形に合わせて作られたためかカーブしており、駅前広場もカーブの部分の土地で車を止めたりするスペースも多くはありません。駅前右手には商店がありますが、昔使われていた自動販売機がとてもレトロでいい味を出しており、とても懐かしい感じがします。
 駅舎は、トラピスト修道院を意識してか、教会のような建物でおしゃれな感じがします。駅舎は、郵便局と共用の建物で入口左手に郵便局の入口があります。そして駅の部分は、通路を利用しているような感じですが、ホーム入り口付近の一角にベンチがあります。通路には郵便局ののぼりが建てられており、少々落ち着かないです(笑)。
 また上を見てみると教会のような建物らしくなっており入口側にはなんとキリスト様の像がありました。日中はどことなく騒々しい感じですが、夜などはひっそりとして情緒溢れそうです。
 ホームは対向式ホーム2本で通過待ちの貨物列車はホームが短いのではみ出ていました。上りホーム側には保線区車輌が置かれており、側線もありますが、行き止まりになっています。

訪問当日は下りホームに貨物列車が長時間停車しており、撮影しようにも撮影できない箇所があったのでまた訪問してみたいと思っています。
 跨線橋より江差方面。 跨線橋より五稜郭方面。 
 江差方面。  五稜郭方面。