江差線神明駅 
吉堀から神明までは10キロちょっとあり比較的標高の高い部分を進んで行きます。山間部の中に神明駅があります。道道5号線より少し離れた集落のある所に駅がありますが、人の住んでいない家もあり過疎化が進んでいるのでしょうか。 
 駅前にはもちろん商店などもなく、家なども数軒ありますが、静かな所です。
 駅はホームと待合室だけで一体となっているタイプで往年の仮乗降場のようです。木造の待合室は年季が入っておりドア、窓も全て木製でした。床は隙間から下の地面が見えて少々怖い感じです。白く塗装されたベンチも同様に古い物です。利用客のためなのか、ティッシュのボックスと殺虫剤が置かれていました。
 ホームは1本で木製ですが階段はコンクリート製です。ホーム上に植木鉢があり花が綺麗に咲いていたので管理する方が置かれたのでしょうか、駅もこじんまりしていますが清潔感が漂っています。
付近に数軒家があるもののとても静かな所です。木製の待合室とホームが懐かしさ満点で一昔前のような景色が広がっています。
 江差方面。  五稜郭方面。