江差線吉堀駅 
渡島鶴岡から吉堀までは平坦な区間です。沿線は農耕地が広がるのどかな所で吉堀駅もそんな中にひっそりとあります。駅前を走る道路は道道5号線で江差線と同様に木古内から江差へ向かう際の最短ルートです。 
 駅周辺は、農耕地が広がり、農家が数軒あるくらいでまわりに商店などもないとても静かな所にありますが、駅前の広場は未舗装ですが、とても広々としています。
 駅舎は車掌車を改造したリサイクル駅舎ですが、出入り口はホーム側にだけあるのがちょっと変わっています。入口にはひさしもあり、函館本線小樽までにあるリサイクル駅舎などとデザインも違っています。カラーリングも独特でイエローにグリーンの帯が2本です。待合室内はリサイクル駅舎らしくベンチがありますが、引き戸のサッシが前述の区間のリサイクル駅舎と同様でした。また物置がどこからか持ってきたと思われるスチール製観音開きの物置でした。
 訪れた方が貼ったのだろうか、ワンマン列車の整理券。  道路から駅まではこの通路を進んで来ます。
 ホームは対向式ホーム・・のようですが、よく見るとかつては草木に覆われた部分も線路が残っており、島式ホームだったようですが、相変わらずホーム幅は狭いものです。江差方面側の詰め所裏に枕木がたくさん積まれており、撤去した際の残りなのかなと思いましたが詳細は不明です。ただ、線路が残っているので撤去した物とは一概に言えないでしょう。
かつては行き違いも出来たであろう吉堀駅。遠くの山々と周りの緑でとてものどかな駅ですが、農家が数軒ある物のとても閑静な所にあります。ホームの上に立っていると一昔前のような景色ですが、ワンマン列車の確認ミラーが今を物語っています。
 江差方面。  五稜郭方面。