江差線湯ノ岱駅 
 木古内から進んで来た江差線は、湯ノ岱で行き違いが出来るようになります。駅員も配置されており営業も行われています。付近は駅の名所案内からもわかるように国民温泉保養センターが駅の南側にあり駅名の湯ノ岱にふさわしい?感じがします。
 駅前には民家が建ち並び小さいながら市街地が形成されています。駅前には昔の焦点などもあったようですが、今は廃墟のようになっていました。
 駅舎は白い壁でストーブの煙突、土台が赤いレンガ作りになっています山小屋風の駅舎ですが、平成になってから改築されたようで、こういう感じの駅舎は室蘭本線由仁駅、根室本線山部駅となんとなくデザインが似ているように思いました。

比較的大きく見える駅舎ですが待合室内はとても狭く感じました。駅員さんがいるので旅行パンフレットも小さい駅ながら陳列されていました。
 ホームは島式ホーム1本で江差線列車の交換が出来るようです。駅舎から離れている方には待避線も残っていますが線路は錆び付いています。
山間の駅で付近に民家がありますが、静かな所にあります。駅関連施設も駅舎の近くに残っておりNゲージのレイアウトの一駅のようなこじんまりさがいい感じを出しています。
 江差方面。  五稜郭方面。