富良野線美瑛駅 
美瑛駅は、富良野線旭川富良野間のちょうど真ん中くらいの距離にあり、また国道国道237号線から少し離れた所にあります。美瑛周辺は、丘陵地帯のような小高い丘などが多く、ぽつんと生えている木などの名所が数々あり、よく想像する北海道の風景が見られる場所で観光客で年中賑わっています。駅近くには道の駅もあり、賑わいに拍車をかけています。 
 美瑛駅前。最近の観光地らしく、周辺も建て替えられた新しい建物が多いです。駅前はロータリーになっておりタクシーが待機しています。駐輪場駐車場も完備しています。
 駅舎は、有名な美瑛石でつくられており、隣接してあるトイレもそれでできており、綺麗な町並みと駅は、うまく溶け込んでいるようにも思えました。休日は、道の駅へ来る観光客や駅に到着する列車から降りてくる観光客などで大変賑わっております。新しい感じの駅舎外側ですが、待合室は少し古い感じがしますが、白い壁が避暑地の駅の様です。みどりの窓口があり業務が行われています。改札柵があり、ホームへは、扉を開けて向かいます。区画で隔てられた待合室もありました。
 ホームは対向式ホーム二本で千鳥配列になっており跨線橋で連絡します。石のタイルが貼られているホームは美瑛らしいと言えます。旭川方面側には、連絡橋があり、デザインも高原の観光地?らしいデザインです。旭川方面側のホームは、待避線があり元は島式ホームだったのかもしれませんが詳細は不明です。その待避線がある側は雑草に覆われています。駅舎側には貨物側線とホームが残っていますが当然現在は使われていないでしょう。富良野方面乗り場側には、アイスなど地元の食べ物が売っている売店があり、ホームからも購入できるようになっています。
 ついつい買いたくなる売店。  貨物側線が残っています。
待避線がありますが、ホームからは少々離れているようです。 
跨線橋は古そうですが、紺色に塗装された屋根部分といい綺麗にされています。跨線橋の骨組みのI字鋼材は年季を感じさせます。跨線橋の出入り口にはベンチがあり、待合室にもなっているようです。 
跨線橋より富良野方面。 跨線橋より旭川方面。 
 富良野方面。  旭川方面。