富良野線美馬牛駅 
美瑛を出た富良野線は、富良野線でも標高の高いところを走ります。とはいっても美瑛上富良野間だけですが・・。美馬牛駅は国道237号線から少し入った所にあります。
 美馬牛駅前。二年前に訪問した際に駅左手にあった建物が取り壊しが行われています。人口も減って過疎化が進むのでしょうか。駅前の通りのすぐの所に商店があります。また線路を挟んで向かい側にユースホステルがありました。駅前右手には公民館らしき新しい建物と駐車スペースもあり駅前広場も広々としています。
 2年前に訪問した際に撮影した美馬牛駅前。  駐輪スペース。
 駅すぐ近くのユースホステルと散策路の地図。 北海道自然道を示す紫の看板。
駅舎は、白壁のこじんまりした駅舎です。トイレなどは待合室から直接行けるようになっており、ホーム側にトイレがあるタイプが多い中古さを感じさせます。小さな街の駅なので利用客も少ないのかと思いきや、観光客などが結構下車しており少々驚きました。ホーム入り口にかかっている木製の駅名の書いた看板の雰囲気がいいですね。 
 ホームは対向式ホーム二本で千鳥配列になっています。跨線橋はなく踏切を渡って向かいます。列車の行き違いが出来るようになっており、訪問時にも上り下り列車の交換がありました。山の中の小さな駅と言った感じで、ペンションなどもありのどかな感じがいいです。駅舎旭川方面側に待避線が残っていましたが、ホームなどはありません。
旭川方面側に残る待避線。  
 富良野方面。  旭川方面。