富良野線神楽岡駅 
 富良野線は国道237号線をほぼ平行に沿うように進みます。美瑛手前までは旭川市郊外を進んで行きますが、少しずつ住宅も少なくなりのどかな風景が広がっていきます。神楽岡駅は、旭川駅の南にあり、まだまだ住宅も多い賑やかな市街地です。
 神楽岡駅前。駅のすぐ隣に旭川市神楽岡地区センターという公共施設があります。国道237号線もすぐ近くを走っており交通量の多い所に駅があります。踏切を行き交う車もたくさんです。
駅舎が無く、ホームの上にこの手の駅にしては大きい待合室が設置されています。ホームまでは緩やかなスロープを進んで行くのが、今時のバリアフリーらしい駅です。駅の前には未舗装の広場に駐輪場と駐車スペースが一緒になっておりますが、隣の地区センターの駐車場なのか迷うところですが、地区センターの駐車場はちゃんと敷地内にあるので駅の駐車スペースなのかなと思います。
 待合室はプレハブ小屋の大きい感じです。内部は板張りになっており窓ガラスの所々に黄色の部分がありますが、直射日光を防ぐためなのでしょうか・・・。真ん中にベンチが置かれており、大きい待合室の割にはベンチが少ないなと思いました。その他、ゴミ箱、近距離の自動券売機が設置されており、駅の入口には飲料水の自動販売機もありました。
ホームは対向式ホーム一本で富良野線は多くても2両ほどのワンマン列車なのでホーム長も十分なのでしょう。緩やかなカーブの部分に位置しています。緑色のゴムがホームに沿ってあるのは冬期間の滑り止めでしょうか。旭川市街にある無人駅ですが、設備は整っており、利用客も多いのでしょう。到着する列車を見ても沢山の乗客が絶えず乗っており、下車する乗客も多いです。線路に沿って木があるので少々のどかな感じがします。
 富良野方面。  旭川方面。