富良野線上富良野駅 
 美馬牛駅を出た富良野線は比較的標高の高い美馬牛峠を進み下った先が上富良野駅です。国道237号線より離れた所に駅がありますが、その周辺は、住宅、商店なども多い市街地が形成されています。富良野市はラベンダーで有名で書家の時期は多くの観光客が訪れます。
 上富良野駅前。駅の前にタクシーが待機しており、駐車スペース、駐輪場があります。すぐ横にも飲食店があり賑わっている感じがします。
 駅舎は、北海道らしい駅舎で古い感じもしますが、外壁は改修されているようです。遠目で見ますと昔のままのようですが、ちゃんと改修されているのは、利用客の多い路線だからなのでしょうか。駅前には花壇もあり、SLを模した花壇が目を引きます。北海道自然道の紫色の石碑?もありました。跨線橋の辺りに連絡する歩道橋もありました。こちらは歩道橋のようですが、屋根のあるタイプでした。
待合室内はベンチなどもあり、近距離の自動券売機も設置されているようです。長距離の運賃表も掲げてありますので、訪問当日は日曜日で窓口は閉じており営業はされていませんでしたが、平日は営業しているようです。その他、観光案内所があり、観光地富良野らしいなと思いました。 
ホームは 対向式ホーム二本で千鳥配列となっており、跨線橋を使って渡っていきます。改札を出てすぐの所にかみふらのと書かれた木製の駅名看板があり、街の名産品が書かれた顔を入れる写真撮影のやつ?(笑)、も置かれておりました。跨線橋は外壁が古い板のようなものをはめている箇所と白い部分が少々ちぐはぐでしたが、改修している最中なのでしょうか。富良野線の駅は短いホームが多いのですが、ノロッコ号が停車するのでホーム長は長いのでしょうか。
 駅舎側旭川方面側に貨物側線の跡があるようでホームだけは残っています。また、富良野方面側にも側線があり、線路が残っています。駅構内は結構広く幹線の駅らしい雰囲気を漂わせています。列車の発着に伴って利用客も多く、賑わった感じがしました。
跨線橋より富良野方面。 跨線橋より旭川方面。連絡通路がある。 
 富良野方面。  旭川方面。