富良野線西神楽駅 
 旭川から進んで来た富良野線で、駅舎の無いホームに待合室がある駅だけでしたが、ようやく西神楽で駅舎のある駅にたどり着きます。駅の前はすぐ国道237号線が通っており交通量も多い市街地の中に駅があります。

駅の前には銀行や商店がならび小規模ながらも商店街らしい?感じでローカルな雰囲気です。
 駅前の広場には車が数台止められるスペースがあり空いた場所には自転車が止められておりました。
 駅舎は白い壁に青い屋根で真ん中に出入り口があるごく普通の駅舎の様です。道路からは少し高い場所にあるようで階段を上がって中に入ります。建物の向きなのか内部は明るい感じがしました。壁に沿ってベンチがあるほか、真ん中には花が生けており(造花かもしれません)外の花壇の花といい手入れが行き届いてるように思いました。近距離の自動券売機が設置されています。
 ホームは対向式ホーム二本で行き違いが出来るようになっています。旭川側から3番のりばに相当する場所に引き込み線がありました。こちら側は、雑草が茂っており、列車の乗り降りは出来ないようです。また富良野側にも引き込み線があり、ホッパー車などの貨物列車がかつては来ていたのでしょうか。駅のすぐ近くにも木材工場らしきものもありますが、駅とは関係ないようです。西神楽付近まで来ますと、住宅も旭川市街を走る区間よりはぐっと減ってきてのどかな感じがいっそう増してきます。
跨線橋は、鉄骨にパネルが貼ってあり、窓もありますがシンプルです。 
 跨線橋より富良野方面。 跨線橋より旭川方面。 
 富良野方面。  旭川方面。