富良野線西聖和駅 
 西御料からずっと西とつく駅が続きますが、ここ西聖和駅で最後になります。この付近まで来ますと周辺は農耕地とその民家だけになり、遠くに見える十勝の山々も含めてこの付近独特の風景?が広がってきます。国道237号線からは少し離れた所にありますが、駅の前の道路は、東神楽町役場へ行く道道になっており、その道をさらに進むと石北本線北日ノ出駅あたりまで通じる道になっており、交通量も比較的多いです。
 駅の前の道道は交通量が多く少々落ち着かない感じもしますが、あたりは農耕地が広がっており、のどかな雰囲気でいっぱいです。駅の前には屋根のある駐輪場があるようですが、平日に訪問してもあまり自転車はおいておらず、利用客もそこそこと言った感じです。
駅舎は無く、プレコンの対向式ホーム一本の上に待合室が載っているタイプでトタン張りの待合室は、同じ富良野線の西瑞穂駅とそっくりで、よく調べてみると西御料駅、西瑞穂駅、そして西聖和駅は駅の開設日が同じでした。西御料駅は、新しい待合室になってるとすると老朽化が進んだときは、同じような待合室になるのかもしれません。内部は、木製のベンチと、富良野線でよく見かける模様の薄い座布団が敷かれています。扉がないので風が直接吹き込んできそうです。 
 対向式ホーム一本ですが、西瑞穂駅よりはホーム長は短いようです。建物が少ないので遠くまで見渡すことが出来北海道の雄大な風景が広がっています。富良野側には十勝の山々が見えるのでこの付近らしい素晴らしい風景です。
西聖和駅に侵入してくる富良野行き普通列車。 西聖和駅を出発して富良野へ向かう普通列車。 
 富良野方面。  旭川方面。