旭川駅 
 改築されて高架駅になったのはついこの間の事で駅周辺はまだ開発途中と言った感じです。現在は駅前の駐車場のある辺りなどが工事するのか準備をしているようです。その反対側の入り口もまだ工事している段階です。北の大都市旭川は各観光地への拠点となり、函館本線、石北本線、宗谷本線、富良野線があり、全ての列車が発着します。各方面への路線バスも沢山発着しています。
 駅前は変わらずといった感じです。駅の前の通りに沿ってホテルが建ち並び買い物公園の通りが北の方に向けて延びています。また、もともとあった駅前の広場は工事中でフェンスがあり中を覗くことができません。ホームからはそれを眺めることができ、工事が進んでいる様子がわかります。
改札は東西入り口にあり、札幌駅と似ている感じですがコンコースは広く洗練された感じです。1Fにみどりの窓口、各種売店が設置されています。改札はおなじみの自動改札で上に電光掲示板タイプの案内板がありどれも真新しく感じます。 
 改札を出てエスカレーターで上り各ホームへ行く連絡路がちょうど2Fに当たる場所にあり、3Fにあたる場所がホームになっている感じです。駅舎の外壁はほとんどが木でできており新しいため木の香りがとてもいいです。改札付近の木には名前が書かれた板があり、何かしら貢献した方の名前なのでしょうか・・・。 
通路は北側と南側にあり、それぞれ東口と西口に通じるようになっています。立ち食いぞば屋とキヨスクなどは北側通路の真ん中辺りにあり、トイレなども近くにあります。 
駅の南側の出口方面はまだ工事しておりむき出しの地面が・・・。コンコースは広々としていますが、人が少ないと閑散とした感じがします。 
 まだ工事中の駅前の広場。  二つの連絡通路の真ん中に位置するみどりの窓口。
ホームは4面あり7番乗り場まであります。川がある方向のまだ工事が終わってない入り口の方から1番のりばで元からあった入り口のほうが7番のりばになっており富良野線、函館本線、宗谷本線、石北本線がそれぞれ発着しているようです。駅名標はホーム連絡通路のエスカレーターのガラスに貼り付ついてすりガラスのシールのようになっています。
 5,6のりばのホームには駅舎全体の支柱がモニュメントのようにむき出しになっており天井を仰ぐと縦横に柱?がむき出しで伸びております。ホームの外壁?はガラスになっており、周囲の風景が見ることが出来ます。
まるで昔の航空母艦を思わせる(自分だけか)柱がむき出しの構造に改めて圧倒されます。 
旭川方面。 札幌方面。