五稜郭駅 
 函館駅から隣の駅で江差線はここが起点になっています。五稜郭と言えば、有名な五稜郭公園が駅から東方向にありますが、少々離れています。駅の北西側には市立病院もあり最寄りの駅となるでしょう。
 駅前は国道5号線が通っており、目の前にある大型電気店などもあります。また駅前広場はバス停、タクシー乗り場があり広場は幹線の駅らしい広さです。
 駅舎は平屋建ての大きな建物で茶色の外壁になっています。入口の駅名は五稜郭を模した物になっており旅情溢れる感じです。この駅名の部分は同じ函館本線八雲駅と似ております。八雲駅の方はホタテ貝になっており、フォント?は同様の物が使われています。
 待合室内は真ん中にベンチが配置されており、自動券売機、キヨスク、立ち食いそば(座って食べれるよう椅子が設置)があります。改札案内は電光掲示板タイプで改札柵があり、改札は駅員が行っています。
 ホームを出て通路を進み跨線橋まで向かいます。ホームは島式ホーム2本で函館本線、江差線、海峡線が発着します。また、貨物列車なども待機できるように側線は多数あります。wikiによりますと貨物列車は、本州方面へ向かう際にここで機関車の向きを変えるようです。旅客列車は、当然函館で進行方向が変わります。周辺は函館の市街地で賑やかなところにあります。ホームからも病院が見えたり、立体駐車場があったりで都市部らしい風景です。
 駅の外れの方に放置されているキハ58系気動車の色が懐かしい。  江差線はここから始まります。
跨線橋から長万部方面。 跨線橋から函館方面。 
 旭川方面。  函館方面。