函館本線函館駅 
北の玄関口といいつくされている函館駅、平成15年に改修された新しい駅舎です。まあ、昔の駅舎の方がなじみがあったので個人的には違和感もありますが、北海道の玄関口としてはインパクトもありいいと思います。函館本線、江差線、海峡線の列車がここから発着しています。 
 駅前も改修されて車の通りが良くなった感じです。その駅前は路面電車も走っており、また駅周辺は観光のためのホテルが建ち並んでいます。倉庫街や朝市などの観光地も駅から徒歩で行ける他、函館山、湯の川温泉、五稜郭各方面へ行くバスなどもあり函館駅は、観光拠点にふさわしい駅になっています。
 駅の待合室は広さ高さともにゆったりしておりこれから出発する乗客で朝早くから溢れています。自動券売機が多数ならび、改札も自動改札になっております。当然ながら改札案内は電光掲示板タイプです。改札を出て右手にはお土産店、食堂などがテナントとして入っており、忙しい人ならばここで全て済ませてしまうことも可能です。
 ホームまでは跨線橋はなく、幅の広い通路を進んで向かいます。ホームへの入口は一番端になっており、終着駅らしい感じがします。
ホームは、行き止まりになっており青函連絡船に乗り換えていたのは遠い昔のことになってしまいました。ホームは8番のりばまでありすべてが行き止まりホームになっています。海峡線から来た列車は進行方向を変え札幌に向かいます。特急などが停車するホームは長くカーブになっています。ホーム横には沢山の列車が休んでいる感じです。かつては青函連絡船へ積み込まれる貨車などがたくさん停車していました。 
いよいよ2015年に北海道新幹線が開業し、その新幹線は函館にはやってこないようです。人の流れが一気に変わるような気もしますが、観光名所が満載の函館は、道内からの観光客も多いので十分だと思いますが、新幹線が軌道に乗ってきたときには函館駅も含めた周辺の観光関連施設はどう変わっていくのか、これからが非常に気になるところです。
 旭川方面。  函館方面。