函館本線姫川駅 
国道5号線沿いにあり周辺は木々に覆われた閑静な駅・・・と地図で見るとそうなりますが、直接国道からは駅に行くことはできません。森市街地からの道路を使うか国道5号線からは、大きく迂回していきます。その駅の入口の道路は未舗装で姫川駅と書かれた看板が無いと見落としてしまいます。未舗装の道路を途中数件ある農家さんでしょうか、そこをさらに奥に行くと駅があります。 
 駅前広場はもちろん未舗装で当然商店なども無い辺鄙なところにあります。駅舎は古い木造の建物ですが、駅名が綺麗な木の板に書かれた格好の良い看板になっています。もともと信号場だったのが仮乗降場にそして駅に昇格したのでこのような所にあるのでしょうか。
 駅入り口にある看板。これを見落とすと道に迷う事になります。  
 民家風の駅舎は待合室にはベンチとゴミ箱がありその他必要な物は備わっているので駅としての機能は果たしています。壁の色が所々違うのは修理したからでしょうか。
 一つ高い所に駅舎があり、階段を降りてホームへ向かいます。とても短い対向式ホームが2本あります。跨線橋は無く踏切を渡っていきます。ホームへ降りる階段はコンクリート製ですが、右手には木造階段が朽ち果てて残っており、昔はこちらを使っていたいのでしょう。
 駒ヶ岳は函館方面側を見るとちらっと見る事が出来ますが、山の全体を見ることは出来ません。駅の場所といい列車で来るには問題無いでしょうが、普段利用客はどれくらいいるのでしょうか不思議ですが、とても魅力的な駅です。
 旭川方面。  函館方面。