函館本線本石倉駅 
 もともとは信号場と開設され、その後仮乗降場となりJR化で駅に昇格しています。国道沿いに駅があり駅は道路よりも高い位置にあるので階段を上ってホームに向かいます。道路沿いにしか土地がない狭い場所なので住宅も道路に沿って建ち並んでいます。
 駅の前の郵便局はしっかりしておりますが、向かいにある民家は廃屋のようにおもわれました。そもそも道路から奥まった場所に郵便局があるのが驚きます。
国道からすぐそばの階段は函館方面乗り場しかいけません。下り長万部方面は、道路をさらにすすみ郵便局入口の案内板を左に曲がり、鬱蒼とした雑木林のある道を上り大きく迂回して向かわないと行けません。ホームとホームを連絡する通路なども無いので、のりばを間違うと大変なことになります。 
下りのりばに向かうにはこの先の郵便局入口の道を曲がり、坂道をぐるっと回っていかないと行けません。郵便局の建物は大きく、ちゃんとATMもあります。訪問した日は休日だったのでお休みでした。 
駅舎は無くホーム上に待合室がありますが古い建物ですが、綺麗な待合室になっています。。ベージュの建物に青い屋根で待合室の建物は広いです。 
 ホームは信号場上がりの駅なので短く、国道沿いなので交通量も多く少々落ち着かないです。跨線橋なども無いのでホームを行き交って探索は出来ないので、片側をじっくり探索した後、反対側のホームの探索をすることをおすすめします。
 旭川方面。  函館方面。