函館本線桔梗駅
 函館五稜郭と進んで桔梗まで来るとそろそろのどかな感じになってきます。桔梗駅は、国道5号線からすぐの所にあります。函館の賑やかな市街地からは少し離れた所ですが、国道は車の行き来が多く、また住宅なども多くあり賑わってる感じがします。花の名前が駅名の珍しい駅です。
 駅前は、駐車スペース、駐輪場などがあり、多くの方に利用されているのがわかりますが、自転車などは駐輪場のようなしっかりした物がないのか、駅前広場の端に置かれています。駐車場も少々手狭な感じもします。駅の前には大きな木が植えられており、飲み物の自動販売機も設置されています。
 駅舎は赤い屋根のモダンな建物ですが変わった感じのデザインです。駅には駅員がおり窓口業務なども行われていました。自動券売機は近郊専用タイプのものです。改札は引き戸になっており、その都度開けてホームへ行くようになっています。
 ホームは対向式ホーム二本で改札をすぐ出たところに跨線橋がありそれを渡ります。ホーム長は長く幹線駅らしいです。真ん中二待避線がありますが、雑草に覆われております。下りホーム側にも待避線があり、保線区車輌が停車していました。元々は島式ホームだったかもしれませんが、それにしては線路とホームの間が開いてるので違うのかもしれません。
跨線橋は、トタン風な作りで錆があちらこちらに出ており、年季が入っているような感じです。幅もどちらかというと狭い感じがします。明かりを採れるようにすりガラス状になっており、外の景色を若干見る事が出来ましたが、写真は厳しかったです。
 旭川方面。  函館方面。