函館本線駒ヶ岳駅 
国道5号線からは少し離れた所にあります。国道から直接駅に入る道は未舗装で駅舎の或る方の入口は、さらに道を迂回しないと行けません。駅前周辺は、住宅地が並んでおり、保育所のような大きい建物がありました。国道に出ると飲食店などが建ち並び賑やかです。 駅舎はサイディング張りですがデザインが少々凝っており、入口の三角部分は山小屋を思わせる感じです。窓の部分も同じように三角のひさしがあります。ホーム側は対称ではなく駅名が書いてある部分は五角形になってる位で後はごく普通の駅舎と言った感じです。
 駅前に紫色の縦の看板があり、これは北海道自然道の案内で駒ヶ岳付近の散策ルートと説明が書かれています。駅名の通り駒ヶ岳登山にはここからスタートするのでしょうか。山の入口まではかなり離れているようですが・・・。
 国道から直接の駅までの道。  自然歩道の案内板。
 函館方面乗り場から眺める駒ヶ岳。 別棟のトイレ。 
 待合室はごく普通の感じでベンチ、ゴミ箱などがあり特に目立つところはありません。ホームは対向式ホーム2本で千鳥配列になっており跨線橋を使って行き来します。また国道側から駅にやってきた場合も跨線橋を渡り函館方面乗り場に向かいます。
跨線橋。 下り乗り場側にある側線。
駅構内は広く真ん中に待避線があります。長万部方面乗り場にも側線が残っておりました。駅は行き違いが出来るようになっており、優等列車を待つ貨物列車が駅で長時間停車していることもありました。駅舎側から駒ヶ岳を眺めることが出来ます。駒ヶ岳まで遮る物が無いので雄大な眺めを堪能できます。  
 旭川方面。  函館方面。