函館本線国縫駅 
 国道5号線沿いに駅はありますが、国道からは少し離れております。住宅などは国道沿いの方が多いですが、駅周辺も住宅があります。また漁港もあり、漁港の形がめずらしい円形の防波堤の港です。 駅前にあった商店は閉鎖されておりました。駅舎は大きくかつては国鉄瀬棚線がここから発着していました。
 昔からある北海道的な駅舎ですが経年劣化のためかゆがんでいるように思えます。。トイレは別棟にあり四角柱の屋根の室蘭本線静狩駅にもあったタイプのトイレです。駅舎前に公衆電話とポストがあります。駅前の広場はコンクリート敷きで住宅街にあるためかそれほど広くはありません。
 駅から近くの漁港。
がらんとした駅待合室の真ん中にベンチがあります。長万部側ホームへは通路を少し進み跨線橋を渡っていきます。跨線橋は木造で階段部分も木製で年代を感じさせますがとても貴重に思えました。ホームはコンクリートで対向ホーム1本と島式ホーム1本のタイプ。幹線の駅でホームは長いです。 
古い木造の跨線橋。時代を感じさせますが、落ち着く感じがします。 
かつては国鉄瀬棚線がこちらの3番のりばから発着していたようです。今では函館本線普通列車のみで駅も無人駅となり時代の流れを感じます。 
 旭川方面。  函館方面。