函館本線野田生駅 
 国道5号線から駅前通りを進むと駅があります。この付近は海岸沿いですが農耕地も多く広がっています。
 駅前の通りには少ないながらも商店などもありました。駅前の広場は広く昔は賑わっていたのでしょうか。
 駅舎は、石倉駅と同じ形の建物で待合室内も同じでホーム側に扉がありますが、倉庫になっているのでしょうか。そのため待合室内はL字型になっているのが特徴と言えば特徴になります。駅の違いは駅名のバック?で野田生は緑色の四角、石倉駅は水色で丸となっており違いがわかります。
 ホームは対向式ホームと島式ホーム1本ずつでこの付近ではお馴染みのレイアウトです。跨線橋も無く踏み切り通路を渡ります。駅舎から離れた方は線路が撤去されたようで今は雑草が生い茂っています。撤去された所には、危険であることを示す看板がありますが、誰がおいたのかブロックと板で階段が作られており訪問時もそれを利用して線路を渡っていく人がいました。
かつて駅舎が会ったであろう部分に現在の建物が建てられているのは、よくあることで広い駅構内とホームの荒れた感じは寂しい限りです。
 旭川方面。  函館方面。