函館本線北豊津駅 
 国道5号線からは砂利道を進んで、こんな所に駅があるのかといった感じです。周辺は畑などがあり防風林的な林が駅周辺にあります。駅舎がある方には畑だけで反対側に住宅がありました。駅舎はサイディング張りですが、かなり劣化してる感じです。
 駅前。国道へ向かう道の脇は広い畑になっています。駅前だけ見ると原野のようです。
トイレは別棟で離れた所にあり、よく見ないと駅舎奥にあるとは気づかないかもしれません。駅待合室は狭いですがベンチが置かれており、駅待合室としての機能は果たしていると思います。 
古い枕木で作られたようなホームへの階段。 
 駅舎から少し離れた所にあるトイレなど。  
ホームへは使い古しの枕木の階段を使って上ります。ホームの長さは長くなく、対向ホーム1本と島式ホーム1本の典型的なレイアウトで駅舎から離れた方の線路は撤去されています。線路がまっすぐ延びてコンクリート枕木なので幹線の駅だなとわかりますが、住宅が1軒しか見当たらないこの辺は荒涼とした土地にぽつんと駅があるのは、秘境的に思えました。
 旭川方面。  函館方面。