函館本線大中山駅
 大中山まで来ると函館市を抜け亀田郡になります。駅は国道5号線から少し奥に入った所にあります。駅周辺は畑などもありますが、住宅などが多く函館からも近いので人口も多いですが、山がよく見えるようになり、少しのどかな感じです。
 駅前広場は駐車場、駐輪スペースなどがありますが、隣の桔梗駅もそうでしたが、どちらかというと手狭な感じがしますが、このくらいで十分なのかもしれません。駅舎は、古くからある建物のようです。平屋の長い駅舎は十分に年月を感じさせる素晴らしい駅舎です。駅の前には大きな木が植えられており、北海道の駅らしい感じになっています。

駅のすぐ横にあるトイレも昔からの木製の扉のもので、このような古いトイレは函館本線ではよく見かけます。
待合室は、四角く、ベンチが周囲に設置されて広々としています。無人駅のようですが、旅行パンフレットの棚がおいてありました。また近郊駅への自動券売機が設置されています。 かつて窓口があったであろう場所はそれがわからないくらいです。ゴミ箱が設置されていますが、いつもの銀色のゴミ箱ではなく、プラスチック製の物が4つほどあり、地域のルールで分別できるようになっています。
 ドア類はサッシに変えられております。改札の柵は残っており往年を忍ばせます。ホームは対向式ホームが二本あり、待避線などはありません。跨線橋がありそれを渡って行きます。
 その跨線橋はトタン風な建物で内部は階段とトタンがむき出しな感じです。その跨線橋は、線路を挟んだ連絡通路にもなっており、駅舎を通らずにホームに入ることも出来るようになっていますが、結構複雑な作りで途中の入口まで行かないと入れないようになっておいます。またいで行くというのはまず無理でしょう(笑)。
跨線橋からは遠く山々を眺めることが出来、木々の緑も増えてきていよいよのどかな感じが増してきます。
 跨線橋より旭川方面。 跨線橋より函館方面。 
 旭川方面。  函館方面。