函館本線大沼駅 
駅は国道5号線から離れた大沼国定公園の真ん中辺りにあります。函館本線のこの区間はちょうど大沼の真ん中付近を横切るように通っています。また、函館本線は大沼から海沿いを通り、鹿部、渡島沼尻を通って森に向かう砂原支線と大沼公園を通って最短距離で森に向かう本線と分岐する駅です。特急列車は当然本線の方を通っています。  
 駅周辺は市街地が形成されていますが、賑やかさで言えば、すぐ隣の大沼公園駅の方が観光地拠点駅として賑わっています。駅前の通りはとても広く駅から見て左手に駐車スペースがあります。駅舎は古くからあるもので平屋の長い建物で幹線らしい駅です。
 待合室は広く建物に沿って横長のベンチと真ん中にストーブと一人がけのベンチが設置されています。窓口があり改札案内板などはありませんでした。駅員が配置されております。近郊の券売機などは設置されていませんでした。
   ホームから駒ヶ岳を望む。
ホームは対向式1本と島式1本ずつでごくありふれたレイアウトです。駅構内はとても広く、函館方面側に車輌庫があり、保線関係の車輌が調整中でした。跨線橋がありますが、階段部分の幅が狭いです。屋根は石勝線占冠駅の跨線橋のような屋根部分が丸くなっている感じで冬期間の積雪に関係しているのでしょうか・・・。 
札幌方面を望むと駒ヶ岳の雄大な姿が眺められます。幹線の駅らしい佇まいの大沼駅は、なんとなくノスタルジーを感じさせます。ホームから見られる沢山の信号機などもそれの一つで昔の姿が想像できます。 
のりば3番から見る。撤去されたであろう枕木、線路が積み重ねられていました。
 札幌方面。 函館方面。