函館本線渡島大野駅 
 函館本線を進んで来ますと、七飯からは国道5号線から離れたルートを進みます。周辺は農耕地などが広がり、とても閑静な所です。5号線沿いは住宅商店なども多く賑やかな市街地がありますが、こちらの方は住宅などもそれほど多くはありません。しかし2015年に北海道新幹線が開業するため、この渡島大野の辺りの景色は一気に近代化されたようになるはずです。現在は工事が急ピッチで進んでおり、駅舎などは撤去され、代わりにプレハブの駅舎が置かれています。
 駅前は未舗装の広場が広がっています。工事関連のプレハブ小屋が建っており、住み込みで工事を行っているのでしょうか。駅前は、駐輪場もあり利用客は、刻々と変化していく風景にどう思うのでしょうか・・・。
 駅前に掲げてある看板。 駅前の昔からの住宅。 
ホームがある所までは工事のため直接行くことが出来ません。地下道を通ってホームまで向かいます。地下道は今時の工事現場らしく通路の壁には花や正座のパネルが貼ってありました。 
元々あった駅舎はなくなっており、代わりに銀色のプレハブ駅舎が設置されています。リサイクル駅舎よりは綺麗な感じです。旅行パンフレットがあったりで無人駅にしては豪華でしょうか?駅舎の横には飲料水の自動販売機も設置されています。 
 ホームから工事現場を見る。  古い跨線橋の隣で新幹線工事が行われています。
ホームは対向式ホームと島式ホーム1本ずつありよく見かけるレイアウトですが、跨線橋などの古さも含めて、となりで工事が行われている部分とのギャップが激しすぎます。 大沼方面を見ると山があったりでとてものどかですが、函館方面は、のどかさを打ち消す工事現場の音などで景色は別世界になっています。また待避線も何本かありますが、すっかり錆び付いている状態です。新幹線が開業した際にはこの駅はどういう景色になるのでしょうか。
 跨線橋はとても古いようでかなり老朽化が進んでいるようです。跨線橋の窓部分は窓が開けられないので外の景色は綺麗に撮影できません。
跨線橋にあった写真ポイント(笑)。誰かが書いたのであろう。
 跨線橋より長万部方面。 跨線橋より函館方面。 
 旭川方面。  函館方面。