函館本線池田園駅 
大沼からの渡島砂原周りの最初の駅です。ここはまだ大沼のほとりにあり、大沼をぐるっと回る道道338号線からはすぐの所にありますが駅入り口は道道から直接行けず、手前の道路からぐるっと迂回して向かいます。ただ、ホームからは北側に出る階段があるのでそちらを使うと直接ユースホステル側に行けると思います。 
 駅の北側に大沼公園ユースホステルがあります。駅舎側周辺は住宅が数軒駅前通りに沿ってありますが、とても静かな所です。
駅舎は大きく立派な感じがしますが、無人駅で外壁は退色しています。入口はサッシになっていますが、結構低くできており背の高い人だと入るとき気をつけないと行けないかなと。 待合室内にはベンチ、ゴミ箱などが設置されており、この付近でよく見かける函館運輸所の注意書きのポスターが貼ってありました。
 この付近ではよく見かけるポスター。(数種類あり)  ホームは通路を行き、跨線橋を使います。
 ホームは対向式1本かなと思いましたが、島式ホームで片側は線路が撤去されたのでしょうか、現在は荒れるに任せていると言った感じです。ホームまでは跨線橋があり、そちらを使って向かいます。この手の駅にしては跨線橋でとは、設備がいいなと思いました。

周辺は森に覆われており、すぐ近くの大沼の存在感はありません。函館本線も駒ヶ岳周りとは違う感じで線路の枕木も木製でローカル線的な様相です。それがまたいいかなと思いました。
 もとは線路があったであろう場所。標識などが残っている。  
 跨線橋より長万部方面。 跨線橋より函館方面。右側に駅北側に出られる階段があります。 
 旭川方面。  函館方面。