函館本線掛澗駅 
 砂原市街地の西側にあり付近の住所も砂原西3丁目となっています。掛澗駅は国道から少し離れており徒歩で駅を利用するには少し不便だなと思うのは砂原廻りの駅に共通するなと思いました。
 駅前は舗装された広場になっており駐車スペースもあるので通勤に利用している方がおいてあると思われる自家用車が数台止まっています。サイディング張りの駅舎は遠くから見ると民家のようですが建物は大きく感じます。
待合室内は広くベンチが隅にあるだけなのでがらんとしてます。 
 ホームは対向式ホーム2本で駅構内が広くホームも長いので幹線駅らしい感じがします。プレハブっぽい跨線橋があります。跨線橋はよくあるものより幅が狭いです。また、wikiでは側線が上下に側線があると書かれていましたので、跨線橋から眺めてみましたが確認には至らず探索不足でした。 
 跨線橋より森方面。 跨線橋より函館方面。 
 旭川方面。  函館方面。