函館本線渡島沼尻駅 
付近には農耕地が広がり住宅がちらほらあるだけで駅前の通りにも商店なども無く閑静な所です。付近を走る国道278号線は離れた所にあります。駅前の広場は未舗装で駅に降り立つと何も無い秘境のような雰囲気ですが、すぐ前にも公民館などがありそれほどでもありません。国鉄時代は仮乗降場だった駅で以前放送していた探検秘境駅でも紹介されていました。 
 駅前は未舗装で雑木林に囲まれています。
駅舎は木造でとても古い建物です。駅舎の部分に基礎が残っていますが、以前あった駅舎を短く切り詰めた感じです。 ドア類はサッシに交換されていますが、つっかえ棒で建物を支えており、かなりガタが来ているのでしょうか。 待合室はベンチが4つあるくらいでとても狭いです。
 駅構内はこの手の駅にしては広く行き違いが出来るようになっています。森方面には側線が残っており豪華な感じがしますが、元は信号場として解説されたようでその名残で施設が充実?してるのでしょう。他の信号場上がりの函館本線の駅同様短いホームがあります。跨線橋は無く踏切を渡ってホームに向かいます。
住宅などが近くに数件あるくらいで閑静な場所に駅があり雰囲気はとてもいいです。駅名標の看板は駅名が剥がれており残念な感じです。
 旭川方面。  函館方面。