函館本線渡島砂原駅 
国道278号線沿いにあり駅の前はすぐ内浦湾が広がっているのを眺めることが出来ます。砂原市街地の東外れにあります。砂原市街地は国道に沿ってあり、住宅も多く、道の駅つどーるプラザさわらがあります。駅付近の市街地は駅より低い海側に多いです。  
 駅前広場は未舗装で区画も不鮮明な空き地のような広場です。駅舎は古い建物で赤い屋根と白い壁で駅正面のデザインは同じ砂原支線の鹿部と同じに見えますが、ホーム側デザインは異なっており、こちらはひさしがずっと延長されています。
 待合室内は古い建物そのままで窓口はベニヤ板で塞がれていますが、窓ガラスはそのまま残っています。雰囲気はとても懐かしい感じがします。壁には付近の観光名所の案内が書かれていたり、地元の学生さんが書いたであろう砂原付近の地図がほほえましいです。
ホーム側にも絵が掲げられていたりしますが、駅構内は鹿部駅と比べてしまうと自然のまま?といったところでしょうか。
ホームは対向式ホーム2本あり駅は緩いカーブの部分にあります。函館方面は遠くの景色が見えません。行き違いが出来るようになっています。ホームは一段高くなった部分にあり階段を上って函館方面側ホームへ上ります。跨線橋は無く通路を渡ってホームへ向かいます。
砂原廻りは大沼から来て鹿部で内浦湾側に出ますが、駅を降りて海が近く感じるのはようやく森に近づいてからのここ渡島砂原辺りからです。
 旭川方面。  函館方面。