函館本線然別駅 
 国道5号線からは直接行けずに手前の道から迂回していく形になります。函館本線はこの付近余市側と平行しており川を挟んで国道があります。駅から南西に町民スキー場や公園があるくらいで駅周辺はすぐ山が迫っており、小さな山村の駅といった感じです。

駅前広場は未舗装で商店がありますが営業しているか、少々不明です。駅左手には公営の住宅があるようです。駅前には駐輪場があり数台自転車が止められているのを見ると通学に利用されていると思います。駐車スペースも十分だと思います。
 駅舎は、ログハウス風ですが、入口、窓はサッシです。駅の事務室はカーテンが掛けられています。函館本線普通列車は、然別止まりの列車が何本か設定されており、乗務員も休憩に利用するのかなと考えられます。待合室内は駅舎の割に狭くベンチとゴミ箱があります。ホーム側にトイレが設置されています。
 下り側に残っている待避線とホーム。 
 駅構内は広々としております。ホームは島式ホームと対向式ホーム1本ずつで千鳥配列になっており、跨線橋は無く踏切を渡ります。踏切の板が鉄板のようなものでその間は砂利が敷かれていました。上り側に車庫があり、下りの駅舎側には待避線がありホームも残っていますが、現在は特に使用されていないのか、線路は錆び付いておりバラストもあまり残っていないです。
山間の静かな駅で時折国道の車の音が聞こえてきますが、かすかです。雰囲気はとてもよいのですが、閑散としてるが故に駅の廻りをうろうろしていると駅前付近に住んでいる方の目を引くので注意です(笑) 
 旭川方面。  函館方面。