日高本線東町駅 
 浦河からとなりの駅で、イメージ的にはまだ浦河市街地の中という感じです。国道からは少し離れており、駅までは入り組んだ道を進みます。もともとは仮乗降場だった駅で、JR北海道に変わった際に駅に昇格した駅です。駅前にはアパートがあり、その駐車場があるだけで駅前広場という感じがしません。
  駅舎もまるで一軒家のような感じで周辺の町並みに溶け込んでしまってる感じです。入り口には、ひがしちょうとひらがなで書かれていますが駅という文字がないので、街の公民館のようにも・・・。駅待合室は板がむき出しの造りで内部はログハウスっぽです。ベンチがおかれていますが、むき出しの板がちょっと殺風景です。
 ホームは1本で苫小牧側から線路の脇を通る通路があるのでそこから駅を利用する人もいそうです。ホーム目の前は、住宅なので景色的にはいまいちですが、様似方面を眺めると線路の先に海が見えるのが、何とも言えません。
 様似方面。 苫小牧方面。