日高本線日高三石駅 
 日高東別で一時内陸を進んだ日高本線は再び海岸沿いの三石にやってきます。そしてまた蓬栄駅の方と内陸へ進みます。この辺は開けた土地のためか付近には漁港や住宅街などがあり、静内から次いで大きい街です。駅舎は国道235号線沿いにあり、駅舎頂上にはふれあいサテライトみついしと書かれており、道の駅みついしと間違ってしまいそうですが、肝心の道の駅みついしは、ここからはかなり離れた所にあり、最寄り駅?は日高三石から2駅先の本桐駅が近いです。
  駅前は駐車スペースが充実しており、待合室内は円形のベンチ、自動販売機そしてトイレなど休憩所的な感じがします。まあ、自動車でやってきてここで休憩する方もいるし、列車でここで乗り降りする方もいる・・。そのためのふれあいサテライトなのでしょう。
 ホームは乗り降りする付近はコンクリートです。この付近では珍しく誘導ブロックも敷かれています。駅名標は、丸太をイメージした太い柱でできており、上に日高線と書かれた物が貼り付けられています。使用されているホームの反対には昔使用されていたホームが残されておりますが、線路は撤去されています。過去にはここで行き違いのシーンが見られたのでしょうが、ホームに生い茂る雑草が遠い昔の事だと理解させられるに十分だと思います。
 様似方面。 苫小牧方面。