日高本線日高東別駅 
 太平洋沿いを進んでいき、絶えず海が眺められる感じの日高本線ですが、日高東別は、春立駅より山側を迂回する感じで進んで行き、日高三石駅でまた海沿いを進むようになります。併走する国道235号線はそのまま海岸沿いを進みます。駅は、農村地帯の中にある感じで道路から砂利道を少し進んだ所にあります。
  駅舎は無くホームに待合室があります。入り口がアーチ状でこの手の待合室にしては造りはオリジナルな感じがしますが、外側は、経年変化が激しい感じで少し残念です(笑)。駅待合室隣に別棟でトイレがあります待合室内はベンチがあり自転車などが置かれているので利用している方がおいておくのでしょう。
 ホームは砂利がしいてあり、緩やかなカーブの所にえきがあります。付近はのどかで晴れた日はのんびりできそうです。国道から離れているので時折自動車が付近の道路を通過するくらいでとても静かです。
 様似方面。 苫小牧方面。