日高本線汐見駅 
 鵡川の次の駅で無人駅。白い壁と青いトタン屋根で入り口はサッシになっています。古くさいですが、やはり窓と入り口があるのでは、建物として安心します。これで窓と入り口が無いと浜田浦駅の駅舎のような外観です(笑)。駅周辺には何も無く、駅の前の道を少し海側に進むと民家があり港があるようです。汐見地区の市街地に向かう道路なので駅前の交通量は、多い方です。
待合室内は木造で古くさいですが清掃用具などはきちんと整頓されています。またベンチは、あちらこちらから改修してきたであろう廃品的なソファー、ベンチが置かれています。 
  ホームは1本で、二両分ほどの長さでしょうか、苫小牧側の方には小さい雨よけになる所がありました。
 様似方面。 苫小牧方面。