室蘭本線萩野駅 
 萩野駅は、白老町の西側にあり、海が近い静かな駅です。駅前の通りを真っ直ぐ行くとすぐ国道があり、その先をさらに進むと太平洋が広がる室蘭本線のこの付近の風景が広がります。駅前周辺は高い建物がないので遠くに海を感じることが出来ます。
 萩野駅前。駅前の広場に車を止めるスペースがあり、駅左手は公園になっています。また線路を挟んで反対側と連絡する歩道橋も苫小牧方面側にあります。
 駅舎は、白壁の一見すると集合住宅風の佇まいで、外観は少々錆が多いのは海岸に近いためでしょうか。無人駅になっており、窓口はポスターで塞がれていますが近距離の自動券売機は設置されていました。またベンチには座布団が敷かれております。
ホームまでは跨線橋を使って渡っていきます。そのホームは島式ホーム二本となっておりますが、駅舎から離れているホームは幅が狭くその先に広がる雑草で覆われた待避線はかつてコンテナ貨物の発着駅となっていたとwikiに記されており、そのの名残でしょうか。もっぱらのりばは3つだけだと思われます。
荒れ果てた待避線。 
   
 跨線橋は、通路部分も幅が狭く、混雑すると行き違いが出来ないくらいですが・・・。ホームまでの階段もとても狭いです。のりば3番のホームは苫小牧側にずれている感じでこれも千鳥配列のようになるのでしょうか。晴れていると太平洋が見えそうですね。
 跨線橋より岩見沢方面。 跨線橋より長万部方面。 
 岩見沢方面。 長万部方面。