室蘭本線稀府駅 
国道37号線から稀府駅までの通りをまっすぐ向かうと駅があります。駅前の通りに郵便局があり周辺は住宅地が多いです。駅前の通りに商店、タクシーの営業所があり、小さいながらも活気があり、昔はもっと人が・・なんて想像できそうです。 
 駅舎は左右対称のよくある駅舎なのですが形がおしゃれな感じで明かり窓もいい感じです。クリーム色の外壁と茶色の屋根はどことなく同じ管轄なのか、室蘭本線有珠駅、長和駅と同じカラーリングです。また入口が変わっており角張ったドアはどちらからでも入れ、まるでどこぞのお店のようなスタイルです。
 待合室も広々としており、長いベンチには座布団が置かれています。窓口があった部分に時刻表、運賃表なども掲げられております。
 山小屋を思わせる作りで明かり窓がとてもいい感じを出しています。
 ホームは対向式ホームが駅舎側に、その向かいに島式ホームがありこの付近の駅のスタイルでしょうか、真ん中の部分は使用されていないです。跨線橋が無く連絡通路部分を渡ります。長万部方面ののりばには自転車置き場のような待合部分がありました。これは伊達紋別駅と同じ感じです。また一本支柱の雨よけもありました。
 岩見沢方面。 長万部方面。