室蘭本線三川駅 
国道234号線沿いにあり、駅周辺に商店、住宅が建ち並びます。それほど大きな町ではないように思えますが、駅に市街地の看板が掲げられているのを見ると近くには旅館、商店などがたくさんあり、それが意外で驚きます。 
 駅舎は室蘭本線、根室本線によくある形のやつで三川駅のタイプは青いラインが引かれています。待合室の入口が正面にもあります。また駅の事務所への入口も正面にあり横の長さが少し長いと思われます。駅前広場は広く、駐車スペースも十分かと思いますが、線が引かれていたりとかはなく、でんと広場があるだけです。また農業倉庫も駅の右手方向にありました。
 待合室はそれほど特徴はないのですが、かつて窓口があった部分にはシャッターが閉じられており板で無造作に塞がれているよりはいいかと(笑)。一時委託駅だったのが、完全に無人駅になったためでしょうか。。
駅構内は広くホームが千鳥配列になっており駅舎から跨線橋を渡り下りのりばへ向かいますが、駅舎側には応急的な工事現場のパイプのような柵があり、跨線橋を使わないで渡らないよう対策が施してあるのでしょうか。 
 苫小牧方面側を跨線橋から眺めるとかつて建物があった基礎が見られ、側線もあることから貨物業務も行われていたのでしょうか。下り岩見沢方面のホームは島式ホームだったのが真ん中の線路が撤去されています。
 岩見沢方面。 長万部方面。